更年期にうつなってない?気になる3つの原因

元々は全然うつの症状なんてでないのに、更年期になるとうつになる人が急激に増えます。

皆さんは大丈夫でしょうか?ここではそんなうつになる3つの原因についてです。

自律神経のバランスを乱す

c92414f1fa64e0cc3482cf8baa646d2e_s

自律神経は、生命を維持するために、常に自動的に全身の臓器の機能を調整しています。

交感神経系と副交感神経系の2種類があり、交感神経は体を活動させる方向に、副交感神経は体を休ませる方向に働きます。

つまり、筋肉の収縮力が高まり心拍数と呼吸数が増えて血圧は上昇し、一方、胃腸など消化管の働きは抑制されます。

このように交感神経と副交感神経は状況に応じて互いにバランスをとりながら、全身の臓器の働きを調整して維持しているのです。

ところが更年期の際、自律神経のバランスが乱れ、交感神経、副交感神経の両方が抑制され循環器、呼吸器、消化器などすべての機能が低下してしまうことがあります。

こうなると、エネルギー消費にからだの機能が追いつかず、立って歩くことさえ困難になります。

外出できない、なんとなくからだがだるい、何もする気になれないなど軽いうつ状態になることがあります。

ホルモン分泌の影響を受ける

内分泌からは、さまざまなホルモンが分泌され、全身の臓器や組織の機能を調整し、からだの内部環境を整えています。

更年期以降、閉経によって急激にエストロゲンは減少します。

エストロゲンは情動をコントロールするホルモンのひとつです。

ホルモン環境に働きかけ、からだの抵抗力を高める働きをしています。

代謝を促進し、心拍数や心拍出量を増加させ、呼吸を活発にし、貯蓄していたエネルギーを分解し、血糖値を上昇させる種々のホルモン分泌を促進します。

エストロゲンが減少する更年期に精神や神経が不安定になり理由もなくイライラしたり、不眠に悩むなどの症状が起こります。

眠れない、緊張、悩みなど精神的不安定からうつ状態になることがあります。

参考 更年期障害に負けない体作り!今から始める健康体!

 

免疫力が弱まる

更年期障害によるさまざまなストレスが脳の神経機能に支障をきたし、免疫力が低下します。

中枢神経や末梢神経からおくられてくる情報によって免疫系は統制されています。

免疫力が低下することにより、からだの不調を訴えます。

からだの不調は、食欲低下による体重減少、口渇、便秘、肌あれ、頭重感、ふるえなどよく訴えられる身体症状です。

病気と勘違いし内科を訪れる人も少なくありません。

内科的に検査しても内臓に異常はないといわれます。

うつ気分が強い場合は、「私はもうだめだ」とおちこみ悩むこともあります。

何をしても楽しみを感じず、何をするのもおっくうになります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.